おすすめ 小説 10年ごしの引きニート を辞めて外出したら 自宅ごと異世界に転移してた

10年ごしの引きニート を辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた | 作者: 坂東太郎
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた | 作者: 坂東太郎

10年ごしの引きニート を辞めて外出したら 自宅ごと異世界に転移してた

10年ごしの引きニート を辞めて外出したら 自宅ごと異世界に転移してた – 坂東太郎氏の作品。小説。小説家になろうにて公開。2015年 07月14日 00時28分 より掲載を開始し、2016年 10月25日 18時00分 をもって完結。

坂東太郎 – 小説家になろうにて小説を連載中の作家。『10年ニート』シリーズ を手掛け、シリーズ内で2作品、他に短編などもあわせ15作品を公開中。
坂東太郎 – 利根川の異名で、「関東にある日本で一番大きい川」を指す。あるいは、江戸時代の江戸方言で、夏に出る入道雲のこと。

およそ20代をまるまる引き籠って過ごした主人公、北条雄二。そんな彼が、両親の死をきっかけに 家の外に出ようと決意した。

身嗜みを整え、行先を近所のスーパーに決め、出がけに愛犬にじゃれつかれたりとありはしたものの ついに家の外へ……

そこは見渡せる範囲がすべて、鬱蒼と樹々が茂る森の中だった……

「 10年ごしの引きニート を辞めて外出したら 自宅ごと異世界に転移してた 」あらすじ

 北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた | 作者: 坂東太郎

「 10年ごし の 引きニート を 辞めて 外出したら 自宅ごと異世界に転移してた 」はじまり

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた | 作者: 坂東太郎

『プロローグ』

 人はあっけなく死ぬものだ。

 そんなことはわかっていた。

 それでも、衝撃だった。

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた | 作者: 坂東太郎
Pages: 1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。