おすすめ 小説 羅紗情歌

羅紗情歌 ─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ
羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ

羅紗情歌 ─遠き異国に分かつとも─

羅紗情歌 ─遠き異国に分かつとも─ – 時野みゆさんの作品。小説。初回公開は 2019年09月26日 18:21 、最新更新日時は 2020年04月24日 09:55 となっています。完結済。

時野みゆ – エブリスタ、NOVEL DAYS にて小説作品を公開中の作家。NOVEL DAYSには本作を含む5作品を公開中。

羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ

あらすじ

第一部「戦火の予兆」、第二部「異郷の地」、第三部「二つの国」。読みやすいイラスト入りノベルです。

大儀なき戦が愛しあう者たちを引き裂く──乱世の純愛──

海に面した小さな領地、草薙。戦国の世にあっても、領主夫妻である九条隼人と藤音は仲睦まじく穏やかに暮らしている。
九条家に仕える巫女の桜花は幼なじみ伊織と祝言を挙げる決心をするが、後任探しが難航し、婚儀の準備がなかなか進まないのが悩みの種だ。

平穏な日々を送っていた二組の愛しあう者たち。だが、その平和は隼人のいとこ、柊蘇芳の出現によって破れ去る。
野望を抱く蘇芳は叔父である帝を説き、海を隔てた羅紗国への出兵を企てる。かの地を征服し、倭国の領土にしようというのだ。

出兵の要請が九条家にもなされる。この戦は単なる侵略でしかない。隼人は苦悩するが、蘇芳の言葉は帝の命令。拒めば草薙が滅ぼされかねない。
大切なものを守るために隼人は苦渋の決断をする……。

羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ

おすすめ小説 羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─

はじまり

羅紗情歌 ─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ

第1話 紅蓮の夢

藤音ふじねは闇の中をひとり彷徨さまよっていた。
ここはいったいどこなのか、まるでわからぬまま、周囲を見回すと遠く前方に光が見える。
深い闇の中でその場所だけがくっきりと鮮やかな赤い色を放ち、引き寄せられるように足を向ける。

羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─ | 作者: 時野みゆ

おすすめ小説 羅紗情歌─遠き異国に分かつとも─

Pages: 1 2 3 4 5 6
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。