おすすめ 小説 異世界詐欺師のなんちゃって経営術

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海
異世界詐欺師のなんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海
異世界詐欺師のなんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海
異世界詐欺師の なんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 – 宮地拓海さんの作品。小説。初回公開は 2016年2月28日 16:03 、最新の更新日時は 2018年1月29日 01:18 。完結済。

宮地拓海 – カクヨムにて小説を公開中の作家。本作をカクヨムにて公開中。

あらすじ

日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。
悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。

嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界で、ヤシロは詐欺師として培った口先の上手さで成り上がっていく!

異世界に転生した主人公が、『現代の知識』と『屁理屈』を武器に、巨乳美女を助けたり、極貧食堂を立て直したり、最底辺地区の生活環境を改善したりする物語。

異世界詐欺師の なんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海

おすすめ小説 異世界詐欺師の なんちゃって経営術

はじまり

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海

第一幕 プロローグ 四月七日

誕生日を祝わなくなったのは、いつからだっただろうか――

そんなことを思ったのは、足元に落ちた携帯のディスプレイに今日の日付が表示されていたからだろう。

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 | 著: 宮地拓海

おすすめ小説 異世界詐欺師の なんちゃって経営術

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。