おすすめ 小説 異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男

異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬
異世界ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬
異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬
異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬

異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男

異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 – 森月真冬氏の作品。小説。小説家になろうにて公開。2019年 12月01日 21時43分 より掲載を開始し、2020年 06月28日 21時13分 に最終更新。現在も連載中。

森月真冬 – 小説家になろう、カクヨムにて小説を掲載中の作家。小説家になろうにて本作を公開中。「漂流英雄」にて、2018年の第7回集英社ライトノベル新人賞金賞を受賞。

本作において、全日本人が驚くラーメンの衝撃的な事実が発見されております。本職のラーメン屋さんであれば既にお気づきの事とは思いますが、それでもこの事実がもたらすであろう衝撃は生半可なものではありません。

ちなみに編集チームのメンバー間では、この事実の後でそれまで醤油ラーメンしか食べなかった者が、以降は豚骨醤油からはじまり味噌、塩と様々な出汁のラーメンを楽しむようになりました。作者さん、ありがとう!

異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 あらすじ

私はエルフのリンスィール、エルフ1の食通だ!
城下町ファーレンハイトに、不思議な車を引いて世にも奇妙な料理をふるまう男が現れた。料理の名前は「ラメン」……それは一口食えば、天にも昇る味である!
私はあっという間に「ラメン」の虜となり、毎晩、街角でその男を待ちわびていた。
しかし、ある夜を境に、男は消えてしまった……『友』と呼べるほど仲良くなった男は、私の前から姿を消してしまったのだ。それから二十年、私はもう一度だけでも「ラメン」を味わいたくて、同じ街角に立ち尽くしている。

異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬

おすすめ小説 異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男

異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 はじまり

異世界ラーメン屋台 、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬

プロローグ

 その『奇妙な男』がやってくるようになったのは2年前からだと言う。

 城下町ファーレンハイトの町はずれに、不思議な車を引いて男が現れては、夜な夜な見たことも聞いたこともないような不思議な料理を民にふるまうのだと……その名は『ラメン』!

 金はとらず、ただ一方的に料理を提供するだけなんだとか。しかも、それが今まで食ったこともないような味わいで、すこぶるウマイのだという。

異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男 | 作者:森月真冬

おすすめ小説 異世界 ラーメン屋台、ラーメンを求め続けたエルフとラーメンの最新トレンドを輸出する男

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。