おすすめ 小説 甘党な先輩は塩対応

活字中毒者のための基礎知識(恋愛小説編)

現在情報を募集しております。ご応募いただける方は下のコメント欄に「単語 – 説明」という形式でご記入ください。採用の場合は速やかにこちらの欄に掲載されます。

– 男女の間で発生する、引力と斥力の両方の力を備えた事象。引き付ける力が男女双方ともに発生している場合は、周囲にも甘い雰囲気をまき散らせる効果が見られる。しかし、反発する力がどちらか一方にでも発生した場合(往々にしてよく見られる現象)は、周囲に緊張が走ることが多い。ちなみに、物理的な距離に左右されずに働く力として、力場を研究する学会の一部でも議論されている項目である。

– 「無償で与えるもの、行い」、と認識されている「愛」ではあるが、近年そのまがい物とも言うべき新種の 「愛’」に浸食されつつある。元祖となる「愛」については、探索が進められてはいるもののこの数百年において発見されたという報告はまだない。

愛をうたい、しかしそれは愛ではない、そんなものが多くなりすぎてしまったためか、数百年前には実在し発見の報告も多くあった愛は、今現在、絶滅したとされている。与えるばかりでは長続きしない、という思考から生まれた「愛’」による掃討殲滅が成されたとされる報告も上がってはいるが、実際にそれを確かめた者はいない。

恋愛 – 恋をして愛に至る。その経過を物語のように捉えたときに冠する言葉。恋愛と名付けられてはじまる物語の数々に、必ずと言っていいほどついて回るのが、三角関係や失恋という苦難。主人公はそれらの苦難に立ち向かい、頑張りに頑張りを重ね恋を実らせるのだが、その先の愛へと至るストーリーははなはだ少ない。

ちなみに、毛色の異なる恋愛物語において、かつて恋なく愛を育む珍しい作品があった。しかしそうした毛色違いの作風がよくなかったのか、一瞬の流行のように忘れ去られてしまい今は懐かしい。

ヒロイン – 恋愛ものの世界で、恋をする女性、あるいは恋をされる女性を指して言う言葉。対応する語句にヒーローがあるが、こちらは恋愛ものの世界よりもバトルが多い戦闘ものの世界観に多く存在している。

恋愛ものの世界でヒーローといえば、ヒロインに言い寄る悪漢を打ちのめす存在か。

人物紹介

新城あんず – 本編の主人公。高校に進学したばかりの15歳。家がケーキ屋をしているため、甘い匂いが沁みついている。

清水璃那 – あんずのクラスメイト。

清水瀬那 – 瑠璃の兄。あんずの家のケーキ屋をこよなく愛する常連客。甘いもの好き。

矢野蒼くん – 瑠璃の幼馴染。

Pages: 1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。