おすすめ 小説 甘党な先輩は塩対応

この作品について

読後のうろ覚えな頭で、いろいろな方々にわかりやすく解説(の、つもり)

ただし、如何せん年嵩のせいであちこちが揺らいできてしまっていますので、あれこれと間違えたことを述べるかもしれません。

そうした言動をご確認いただけましたさいは、こそっとコメント欄にてその旨をご通知ください。

時間のある時に、治します(キリッ)

最初にまず、はっきりとお伝えしたいと思います。

この作品は、乙女 あるいは フ女 の心を持っていないと理解することは不可能です!

なぜならば、私がおります部署内には複数の男どもが存在するのですが、その誰一人!理解を示せなかったからです。言うまでもなく大変残念であり遺憾でもある事態ではありますが、そこはしかたありません。

普通の男どもに、乙女 あるいは フ女 の心は手に入れられない至宝なのですから、仕方などありません。

ちなみに、私が業後に通っている図書館の司書をされている殿方は、おおよそこの物語の内容を拒絶することなく受け入れておりました。それどころか私でも及ばないほどの理解を示す殿方までおられました。

そのお方は20代の中頃で、編み物の本を書いていらっしゃるとおっしゃっておりました。パッと見はイケメンでした。

つまり乙女 あるいは フ女 の心を持ちさえすれば、この物語に解説などいらない。

まとめ としてはそういうことで、今回の解説を終了とさせていただきます。

連載中 完結済
Pages: 1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。