おすすめ 小説 栽培チートで最強菜園

栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~ | 作者: 九頭七尾
栽培チートで 最強菜園 | 作者: 九頭七尾

栽培チートで最強菜園

栽培チートで最強菜園 – 九頭七尾氏の作品。小説。小説家になろうにて公開。2019年 06月19日 17時56分 より掲載を開始し、2020年 06月03日 19時00分 に最終更新を確認。現在も鋭意執筆連載中。

九頭七尾 – 小説家になろうにて小説を掲載中の作家。この作品を含む20作品を公開中。

なんと!スキルが家庭菜園だとか……。ラノベ なんじゃそら系の中でも割と正統派のまったりチートストーリー。

一見チートに見えませんが、主人公ととりまく登場人物たちの性格的にドッヒャーな展開だらけ。こんなに派手でいいのか?なんて思いつつ、ちょっと羨ましい。

あらすじ

~え、ただの家庭菜園ですけど?~

冒険者に憧れていた少年・ジオ。しかし15歳になった彼が神々から与えられたのは【家庭菜園】という、冒険には役立たない謎の加護だった。仕方なく冒険者になることを諦め、父が遺した実家の庭で菜園を始めるのだが――
「ねぇ、なんで畑に肉とか魚とか鉱石がなっているの?」
「ちょっとだけ特殊な家庭菜園だからね」
「じゃあ、あのゴーレムたちは何?」
「あれは案山子みたいなものだよ」
「どう見ても何かと戦う気でしょ!」
「いやいや、ただの家庭菜園だって」
――気づけば堅牢な城壁と無数のゴーレムに守られる最強の菜園となっていた!
「ちなみに菜園ごと移動できるよ」
「……」

栽培チートで 最強菜園 | 作者: 九頭七尾

おすすめ小説 栽培チートで 最強菜園

作品LINK

栽培チートで最強菜園 ~え、ただの家庭菜園ですけど?~  | 作者: 九頭七尾

第1話 家庭菜園?

「おーい、早く起きろー」

「う~ん……あと五時間……」

「いつまで寝るつもりだよ。今日は降神祭だぞ?」

 僕はそう言うと、毛布を強引に剥ぎ取った。

栽培チートで 最強菜園 | 作者: 九頭七尾

おすすめ小説 栽培チートで 最強菜園

Pages: 1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。