小説 恋愛 おすすめ -2-

小説 恋愛 おすすめ

恋愛 小説 野いちご 編

Wild Strawberries Love Story

恋愛とは、恋と愛とを一括りに言い表す言葉。恋は求めるものであり、手に入れたいと願う欲求。その欲求を満たすため、自身の身体を錬磨し、頭脳をフル活用し、相手に振り向いてもらおうと行動することが恋そのものである。それに対し愛とは、受け入れるものであり理解しようと努める心であり、時に与え続ける、祈りにも似た願い。

おすすめ 恋愛 小説 野いちご編

小説投稿サイト「野いちご」から、今昔人気の恋愛小説をご紹介。

小説投稿サイト [ 野いちご ]

恋愛小説 | Love Story

野いちご

人気順 2020年08月06日集計

カテゴリー : 恋愛(純愛)

読者感想 : –
「星の涙」三月のパンタシア【OFFICIAL】

傷つくことに疲れて、
高い壁を作って、
閉じこもることを選んだ。

傷つけられることも、
傷つけることもない、
わたしだけの場所。

すべてのドアを閉めて、
厳重に鍵をかけて、
日の当たる場所に背を向けて。

わたしを探して呼ぶ声にすら、
気づけずにいた。
誰にも愛されないまま、消えていくのだと思っていた。

星の涙 | 作者: みのり
夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく

どこにいても息苦しくて

世界は暗い灰色で

そんなとき、君の絵に出会った

「俺はお前が嫌いだ」
「お前を見てると苛々する」

冷たくて残酷な君だけど

「俺は天才だからな」

その手が描く色鮮やかな世界は

あまりにも綺麗で
あまりにも優しくて

「今からお前に世界の全てを見せてやる」

君が私の世界を変えてくれた

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく | 作者: 汐見 夏衛

「お前、熱いな……」

高校二年生の夏。

学校一、人気者な彼の
秘密を知ってしまった

いつもはクールな彼のギャップに
驚かされつつ始まった
【 秘密の関係 】

「……本当は、羨ましかった」

はちみつ色の太陽 | 作者: 小春りん(Link)

私は

嘘をつきました

世界で一番大好きな人に

大切な人に

「他に好きな人ができたの」

「別れよう」

ごめんなさい

別れた今も君が好きです

最後の最後までそばにいて
忘れないで

ううん、違う

『世界で一番、幸せになって』

あと、3ヶ月

てのひらを、ぎゅっと。

てのひらを、ぎゅっと。 | 作者: 逢優

「彼氏のフリ、してやろっか?」

.*.・。*.

見た目だけで好きになってくれる男の子たちの告白を、断り続けていた私。

中身もよく知らないのに好きって言われても、複雑な気持ちになる。

そんなある日、
仲のいい男友達と付き合うことになった。

彼は、男子の中では唯一気を許せる、
気の合う友人。

もちろんそれは、
お互い異性を寄せ付けないための
”仮の恋人”としてってことだったんだけど……。

俺がずっと、そばにいる。 | 作者: 青山そらら

先生は

今日も

私の大好きな

白いジャージを着てる。

ずっと

ずっと

その背中を見てた

白いジャージ ~先生と私~ | 作者: reY

背が高くて目つきが悪い

煙草で痛んだしゃがれ声

見るからにヤンキーでも

あなたが甘く優しいこと

わたしは知ってるよ

「抱きしめていいか」

もう、離さないで

おやすみ、先輩。また明日 | 作者: 夏木エル

お昼寝をしていた 私の膝の上……

─── なんで 男子が寝てるの !?

始まりは この 衝撃的な出会い

「俺の言うことなんでもきけよ」

弱みを握られ
なぜか 彼の言うことをきくことに !?

口が悪くて 意地悪な君なのに

365日、君をずっと想うから。 | 作者: SELEN

私は、この世界では歪だった。
そんな私の前に、君は現れた。


「よう、冬菜!」

入学式の日、初対面で私
を呼び捨てにした隣の席の夏樹君。

おめでとうって、
桜の花びらを降らせたりして、
わけがわからない。

「これ、俺からのプレゼントな」

春が来たら、桜の花びら降らせてね | 作者: 涙鳴

ありがとう

ごめんね

大好きでした

……さようなら。

*
.
*
.
*
.

チャラくて

無駄に明るくて

うるさくて

おせっかいなキミが

それはきっと、君に恋をする奇跡。 | 作者: ゆいっと

小説投稿サイト [ 野いちご ]

恋愛 小説 | Love Story

Pages: 1 2 3
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。