おすすめ 小説 婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました

婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました | 作者: 棗
婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました | 作者: 棗

婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました

婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました – 棗さんの作品。小説。アルファポリスにて公開され人気を博していたが、現在は非公開となっている。現在、小説家になろうにて連載中。

– アルファポリス、小説家になろう、にて小説作品を公開中の作家。アルファポリスにて本作とは別の4作品を、小説家になろうにて本作を含む16作品を公開中。他にもエブリスタ、魔法のiらんど、野いちごなどにも同じ名前の作家が存在するが、同一人物か否かは不明。

あらすじ

婚約者となった王太子が愛したのは妖精のように可憐で愛らしい妹だった。
何時死んだのか覚えていないが、何故か王太子と婚約した日に前回の記憶を取り戻したファウスティーナは、今回こそは失敗しない為に我慢を止めた。
今回、王太子は諦めて妹に譲り、自分は好きなことをする。

婚約破棄の為の行動が全部空回ったり、前回と違う事が起きたりと……中々一筋縄ではいかない様子です。

※よくある?お話です。
※以前削除しました話とは内容が若干違います
※作者が数話コピーを失敗したので初めから書き直しています

婚約破棄をした令嬢は 我慢を止めました | 作者: 棗

おすすめ小説 婚約破棄をした令嬢は 我慢を止めました

はじまり

婚約破棄をした令嬢は 我慢を止めました | 作者: 棗

現在は非公開

婚約破棄をした令嬢は我慢を止めました | 作者: 棗

1 同じ過ちは繰り返さない

“前の自分”の記憶、というものはどんな人間に与えられるのだろう。

ヴィトケンシュタイン公爵家令嬢ファウスティーナは、王国の第一王子にして王太子ベルンハルド=ルイス=ガルシア殿下との婚約が決まった際に突然倒れた。その日は、殿下との顔合わせの日でもあった。前触れもなく倒れたファウスティーナに屋敷は騒然となった。一緒にいた公爵夫妻は顔の色を変えて使用人にすぐさま医者の手配をと指示を飛ばし、居合わせた王太子一行には頭を下げてこの日は帰ってもらった。

婚約破棄をした令嬢は 我慢を止めました | 作者: 棗

おすすめ小説 婚約破棄をした令嬢は 我慢を止めました

Pages: 1 2 3 4 5 6
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。