おすすめ 小説 俺だけ入れる隠しダンジョン

俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜 | 作者: 瀬戸メグル
俺だけ 入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜 | 作者: 瀬戸メグル

俺だけ入れる隠しダンジョン

俺だけ入れる隠しダンジョン – 瀬戸メグル氏の作品。小説。小説家になろうにて公開。2017年 01月05日 21時53分 より掲載を開始し、2020年 05月09日 21時31分 に最終更新。現在も執筆連載中。

瀬戸メグル – 小説家になろうにて小説を掲載中の作家。この作品を含む18作品を公開中。シリーズものに「長編シリーズ」「短編集」がある。

あなたしか入れない専用のダンジョンがあったら、あなたならどうします?

この作品もいよいよアニメ化が決まり、今後の展開が楽しみな一作です。

俺だけ入れる隠しダンジョン あらすじ

〜こっそり鍛えて世界最強〜

職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。
誰一人として入り方がわからない隠しダンジョン、その入り口を開いてしまったのだ。
中には超稀少な魔物、強くなるための魔道具、世にも珍しいアイテムが大量に隠されている伝説の場所!

「この場所のことは誰にも言わず、僕はこっそり最強になろう」

この世の中は貧乏貴族に世知辛い。
権力も名誉もないのであれば、せめて強さくらいは手に入れたいものだ――

俺だけ入れる 隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜 | 作者: 瀬戸メグル

おすすめ小説 俺だけ入れる 隠しダンジョン

俺だけ入れる隠しダンジョン はじまり

俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜 | 作者: 瀬戸メグル

一章 1話 大賢者スキル

 隠しダンジョン
 今、僕が立っている場所はそう言われている。
 世界でもまだ未発見の――または認識されていても入り方が不明な――未踏ダンジョンのことだ。
 絶対に何らかしらの制限がかかっていて中に入れないのである。

 扉が開かない。
 階段がない。
 とんでもなく強い魔物が守っている。
 そもそも入り方がわからない。などなど。

俺だけ入れる 隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜 | 作者: 瀬戸メグル

おすすめ小説 俺だけ入れる 隠しダンジョン

Pages: 1 2 3 4 5
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。