おすすめ 小説 ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 | 作者: 七野りく
ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 | 作者: 七野りく

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 – 七野りくさんの作品。小説。初回公開は 2020年3月10日 16:06 、最新の更新日時は 2020年6月6日 19:51 。現在も連載中。

七野りく – カクヨムにて小説を公開中の作家。本作を含む44作品をカクヨムにて公開中。代表作に「公女殿下の家庭教師」などがある。

あらすじ

俺:社会人三年目。
彼女:社会人七年目。同僚(仕事出来る。大エース)+お隣さん+高校時代の同級生。美人

きっかけはふとしたことだった。

高校時代の同級生と偶然、職場で再会して
偶々、隣に住んでいることが分かって
……で、今は。

「雪継~! おーさーけー!! わーたーしーはーお酒がのーみーたーいー」
「……太るぞ」
「あーあーあー! 今! 今!! 二十を超えた女に言ってはいけないことを言ったー!! 罰として、おつまみ追加っ!!」

まぁ、毎晩、一緒に夕飯を食べる仲ではある。

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 | 作者: 七野りく

おすすめ 小説 ただ、隣に住んでいる女の同僚と毎晩、ご飯を食べる話

本編LINK

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 | 作者: 七野りく

プロローグ

「――それじゃ、お先、失礼します」

週末の金曜日。

俺は予定通り仕事を終え、定時に席を立った。

未だ仕事の山と格闘している先輩――石岡さんがギロリ、と俺を睨む。

ただ、隣に住んでいる女の同僚と 毎晩、ご飯を食べる話 | 作者: 七野りく

おすすめ 小説 ただ、隣に住んでいる女の同僚と毎晩、ご飯を食べる話

Pages: 1 2 3 4 5 6
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。